病気予防に役立つ食品

TOP|肌荒れや胸焼け

にきび・肌荒れ

ストレス、不規則な生活、便秘、睡眠不足、甘い物の食べ過ぎなど、にきび・肌荒れの原因はたくさんあります。栄養バランスのとれた食事を取ることが肌への一番の効果です。特にタンパク質(コラーゲンなど)、ビタミン(ビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEなど)などを摂取するようにしましょう。

にきびや肌荒れは毛穴に詰まった皮脂や汚れも原因になります。日々の洗顔をしっかりしましょう。しかい荒いすぎて皮脂がなくなりすぎると、逆に肌がより多く油分を出そうとしてしまいます。スキンケアをきちんとしましょう。 

また胃腸が弱っている時もにきびや肌荒れが起こります。規則正しい生活を心がけ、肌だけではなく体から健康になるように心がけましょう。

胸焼け

胸やけは胃酸などの消化液が逆流し、食道が炎症を起こしてしまう症状をいいます。

まずは消化のよい物を食べるようにしましょう。また大根、かぶなどに含まれるでんぷん質の消化を助けるジアスターゼ、しょうが、キウイフルーツなどに含まれるタンパク質の消化を助けるプロテアーゼなどを摂取しましょう。

一時的な胸焼けの場合は水や牛乳を摂取することで食道の胃液を洗い流す効果があります。

胃酸が強すぎる場合などは昆布、わかめ、しょうがなどを摂取すると効果があります。

check

最終更新日:2015/7/24

page top


Copyright ©健康食品ナビ all rights reserved.